沿革

寿徳寺

天正2年(1575)

 (425年前)

・寿徳寺開祖天室順達大和尚示寂

・伊達政宗公 7歳

天正19年(1591)

・寿徳寺、政宗とともに岩手沢城に移住す『伊達実記』

無住寺

1591 〜 1665年

・74年間、無住寺になる。真言宗の僧侶が住着く。

 例、海上庵、林宗上人など『佐原根元記』より

慈徳寺

寛文5年(1665)

(336年前)

・米沢・林泉寺役僧『一空雲甫』再興

享保14年(1730)

(269年前)

・一揆指導者、太郎右衛門佐原にて打首後、桜植えられる?

文政4年(1821)

(178年前)

・慈徳寺火災。現駐車場上にあった。

 現在地に十四世大宏了雲大和尚再建

嘉永7年(1854)

(146年前)

・観音堂建立

 十八世棟獄祖梁大和尚代 『棟上板』

昭和44年4月

・鐘楼建立 二十四世祖海邦雄代

・鐘楼建立寄付